CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 【生後6ヵ月】「置くだけとおせんぼ」がやってきた。 | main | 【生後6ヵ月】はじめての美容院 >>
【生後6ヵ月】BCGにビビる。
0

    JUGEMテーマ:子育て日記

     

    12月末についにBCG接種してきました。

     

    ※名古屋市では通常、生後4ヵ月検診の時に

     保健所で一緒に打つのですが、うちの場合は

     他の予防接種との兼ね合いで、検診の時には

     打ちませんでした。

     

    年末だったからか、遅めに受付したからか、

    さほど並ぶことはなくできました。

     

    まず、みんな体温計で熱を測っているのですが、

    待合室が暑いせいで、軒並み体温が高く出るらしく、

    測り直しが続出していました。

    (上着を脱がせて測り直しみたいです)

     

    ちなみにりんごは赤ちゃんにしては平熱が低めで、

    いつも36.5〜36.7度くらいです。

    なので多少高く出ても大丈夫だろうな思ったら、

    案の定、1発OKでした。

    (たしか37度くらいだった)

     

    赤ちゃんを裸にして、接種待ちの列に並び、

    呼ばれるのを待ちます。

     

    入り口からは、次々BCGを打たれた赤ちゃんが

    出てくるのですが、

    ほぼ例外なくギャン泣き。

     

    やっぱり、あの針ぼつぼつのハンコ型って

    痛いみたいですね。。。

     

    BCGって接種の跡が乾くまで服を着ちゃいけないらしく、

    ママさんたちが裸の赤ちゃんを抑えながら、

    待合室で待っています。

     

    その待合室がちょうど、並んでいる列から見えるのですが、

    みんな泣きまくっているので、

    その部屋たるや阿鼻叫喚の地獄絵図。

     

    我らこれから打つ者たちは、赤ちゃんの泣いている景色を

    眺めながら並ぶのですアセアセ

     

    ずっとそんな景色を見せられていると、

    打たれるのは私じゃないのに、

    ちょっと逃げ出したい気持ちになりましたショボン

     

    といっても「逃げるは恥だし、得にもならない」わけで、

    順番が来て、おとなしくりんごを連れて診察室へ。

     

    診察の結果、問題なしということで、

    いざ接種。

     

    あの針山を

    ぶちゅっとね。

     

    いやー、泣きましたよ。

    刺された瞬間、ギャン泣きです。

     

    このまま、液が乾くまで抑え込み(赤ちゃんが接種したところに

    触らないように)して待つのか〜アセアセ

    って思って覚悟を決めたのですが、

     

    ナント、一瞬で泣き止みました。

     

    あれ???

     

    そのあとも、抱っこしてあやしていたら、

    キャッキャッと笑い声まであげています。

     

    隣の赤ちゃんのギャン泣きにもつられることなく、

    なんていい子!!

     

    私も泣き虫なのですが、痛みには強いほうなので、

    私似かしら???

     

    こうしてBCG接種は無事に終わりました。

     

    しかしBCG、恐ろしいのはこの後です。

     

    BCGの接種跡はすぐに腫れるのではなく、

    1か月程度かかって徐々に腫れるんですね。

     

    逆にすぐに腫れてしまうと、「コッホ現象」と呼ばれ、

    結核にかかっている恐れがあるため、保健所に連絡して

    検査をしなくてはならないそうです。

     

    なんか、説明されることが大げさで、

    コワッ!!

     

    と思ったものの、どうせ大丈夫でしょ。

    とタカをくくっておりました。

     

    そうして接種翌日の夜のことです。

     

    お風呂に入れようとしたところ・・・

     

    針のあとが結構腫れてない???

     

    あわてて保健所でもらったパンフレットを持ってきました。

     

    保健所のパンフレットによると、

    「接種後10日ごろに接種したところに赤いポツポツができて、

     その一部に小さなうみが出ることがあります」

     

    その反応があまりにも早く出すぎると、

    コッホ現象が疑われるとのこと。

     

    りんごの場合、気になったのは、接種直後はほとんど

    針の跡が見えないくらいだったのに、

    翌日夜には針のところがブツブツ赤くなっていたことでした。

     

    パンフレットにコッホ現象の写真が載っていましたが、

    写真に比べれば全然ひどくはないです。

     

    どうしよう?と思ったけど、気が付いたのは夜。

     

    パンフレットには「気づいたら2〜3日以内」とあり、

    「救急外来を受診するほどの緊急性はありません」

    と書いてあったので、とりあえず記録用に写真だけ

    撮っておきました。

    (ホントに写真は撮っておいた方がいいと思いました)

     

    そしてネットで検索、検索。

    やはり、この「コッホ現象」の判断に悩んでいる人たちを

    大量に発見。

     

    いろいろ調べてみたら、

    針の傷跡が翌日頃に一時的に少し赤くなる子

    結構いるみたいでした。

     

    実際にコッホ現象にひっかかった方のブログも読み、

    もう1〜2日経過をみてみることに。

     

    とはいえ、もしひどくなってパンフレットの写真に

    近づいたら、連絡しなきゃ!!

     

    と構えておりました。

     

    しかし、幸いそれ以上腫れることはなく、

    翌日には針の赤味も落着き、2〜3日で

    ほとんど見えなくなりました。

     

    よかった、よかった。

     

    あとはこれから順調に腫れてくるのを待つのみです。

    順調に経過をたどってくれるといいけど・・・

     

    BCGおそろしや〜。

    あと、跡が残らないといいな。

     

    | 生後6〜12ヵ月 | 16:01 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする