ワーキングマザーの子育て1日1歩

2歳の息子を育てるワーキングマザー。一歩進んだり、戻ったり、子どもと日々成長しています。

わが家の豆まき(2歳半)

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。名古屋市在住、2歳半の息子を育てるワーキングマザーです。

 

さて、2月3日は節分ですね!


f:id:mom-ippo:20190203154835j:image

 

保育園でも1日の金曜日に豆まきがあったらしく、「泣いた?」と聞いたら、「泣いてない!」と言っていました。

そして自慢げに、

「せんせぇの後ろに隠れてたの!!」

正直!!(笑)

 

 

節分豆の代用品

我が家でも本日は、豆まきです。ですが、息子はまだ2歳半。まだ少し、誤飲の心配な年頃でもあります。

注意してみていれば、ちゃんと噛んで食べることはできるのですが、節分の豆を部屋にばらまいてしまうと、掃除をしても思わぬところに転がってしまって見逃した豆を、知らないうちに口に入れてしまう恐れもあるので・・・(子どもって驚くほど、細かいものを見つけるのが得意!!)

そこまでちゃんと掃除をする自信もない私は、いらぬリスクを避けるため、本物の豆を使わないことにしています。

 

豆の代わりに使うのはこちら。


f:id:mom-ippo:20190203114745j:image

広告や古新聞紙を丸めて作ったボールです。

これなら、掃除も楽だし(集めてポーイ)、当てられた鬼(夫)も痛くない。

あと、小さな豆だと、子供もまだ上手につかめないのですが、新聞紙ボールなら結構投げられます!

保育園でやっていたやり方の受け売りなんですけどね(^_^;)

 

ちなみに、小袋入りの豆を使ったこともあるんですけど、アレ、我が家では食べないんですよ!

別に豆好きでもないのに、小袋の中の数粒の豆を食べるために、袋いちいちあけるモチベーションがあがらず、事後の消費に苦労したので、去年から新聞紙ボールを採用しています。

ちなみにボールは息子と二人で作りました。

 

 

鬼登場

そして、豆まき本番、いよいよ鬼登場。

鬼役は夫です。

お面は2年ほど前に100均で買いました。なので、毎年同じ顔の同じような雰囲気の鬼が登場しています。

 

なぜかゴジラのBGMにのせて登場する我が家の鬼(夫セレクト)。

去年は大号泣。母にしがみついて泣いていて、息子は全く豆を投げることができませんでしたが、今年はなんと!

ボールを投げて、果敢に応戦!!しかも、母の後ろに隠れながらも結構、ケタケタ笑っていました。

ただ、投げても投げても帰らないので、逃げまくり、そして、この機に乗じて、野菜を食べることを鬼と約束させられてた(笑)

野菜を食べる!と言ったことで、ようやく鬼が引き上げていき、一息ついたところで聞いたら、一応は怖かったようで、「また来たらいや!」だそうです。

でも、泣かなかっただけ、成長したなー。あと、母の怖がりが遺伝していないようで、安心した。(私は年長さんでも、豆まき嫌がってた)

 

 

豆は大人だけで

こうして今年も我が家の豆まき無事に終了。

本物の豆は、撒きませんが、代わりに、子供の寝静まった夜に大人だけで食べています。

大人2人で食べるには、スーパーの一番小さいパックでも結構お腹一杯になる。(そして飽きる!!)

早く、子供も一緒に食べられるようになるといいなぁ。